顔 変わった?

この夏、
学生最後の夏休みを過ごしていた娘


4年の夏休みだからと言って
時間の余裕があるわけではなく、
いろいろと忙しくしておりました。 
私が4年の時に過ごした夏より
かなり勉強している様子で
あら・・・っ 大変ねって思ってみておりました(笑)





そんな中、高校の同級生仲間から
声を掛けられ 食事に出かけて行きました。
はい、健全にお昼のランチを楽しむ女子会です。


会うのは 成人式以来という仲間たち
久々会うのに 遠慮はありません。
いきなり


『 ねぇねぇ 顔変わった? 』

『 ほんと 高校の時と全然違うよ~ 』


最初は 「そんなに私キレイになったぁ?」
なんて 笑って返していたものの
高校時代に撮った写真を
携帯画面に出してきて 比べ出したらしく
さすがの娘も それには気分を害したようですが、
勿論、みんなの前で嫌な顔をすることもできず
最後まで笑ってやり過ごしたとか・・・


以前、中学の同級生からも 
同じようなことを
言われたことがあったようで、
娘自身も
 

『 もともと凹凸のないのっぺりとした顔立ちだから
  化粧すると メリハリがつくのかな・・・ 』


と、分析しておりました。
大学生になって お化粧しはじめた娘です。
私が、 


『 化粧が上手なんだよ 』
『 化粧映えがするのかな? 』


と、言っても 
誉め言葉にはなっていなかったようで




決して、厚化粧しているわけではないのですよ。
ビューラーで まつげを上げてはいるけれど
マスカラもしてないし、
勿論、ツケマなんてしてないしね。


娘は父親似で あっさり系の顔立ちです。
私はその逆。
昔・・・ 化粧品売り場のお姉さんに化粧をしてもらうと
自分でもオ〇マちゃんに見えて びっくり(@_@;)
そのまま化粧室に駆け込んで
今 やってもらったばかりの化粧を
慌てて落とした記憶があります。
似ている芸能人には 男性の名前が出てくるくらい


それ以来 ちょっと化粧が苦手の私、
その時その時の流行りの化粧を
上手に楽しんでいる娘を 
微笑ましく そしてちょっと羨ましく
見ている私です










               参加しています       

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
          


           顔変わった?って 
           プチ整形した?って 
           言われてるのと同じじゃん
           顔いじるなら もっと可愛くしてるよね            

                 ・・・ 以上 娘でした







にほんブログ村テーマ 『最上級のすっぴん美人☆』へ
『最上級のすっぴん美人☆』
にほんブログ村テーマ  敏感肌化粧品 。・☆へ
 敏感肌化粧品 。・☆
Category: 大学4年

今年の結婚記念日

今月初め、
27回目の結婚記念日を迎えました


回数を重ねてきたせいか
最近は、なるべく長く
ふたりで この日を迎えたいな
そのためには
ふたりで 健康でいなきゃね
って 思うようになりました。


結婚記念日といっても
今はもう、特別なことはしません
普段の日常に ちょっとだけ何かプラスするだけ。
今月は
夫の誕生日もあるし、
来月には
娘の誕生日があるので、
こちらの方に重点を置いちゃってね。



そしたら今年
突然 夫がお花を買ってきてくれました。


『 いつも ありがとう 』って



27回目 



私からしてみたら
予期せぬプレゼントに、びっくり


折角 夫がお花を買ってきてくれたのに、
『 えっ・・・ あっ ありがとう 』 
と 返事することが 精いっぱいでした


喜び下手な人って
本当に・・・ 可愛くないですよね










               参加しています       

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
          


           この場をお借りして・・・

           こちらこそ いつもありがとう
           お花、嬉しかったよ 







☆ きときとさんへ

FC拍手から コメントありがとうございます
これからの人生が 豊かになるような
そんな出会いがあるといいですよね~





にほんブログ村テーマ *記念日*へ
*記念日*
にほんブログ村テーマ より良く今を生きるために。へ
より良く今を生きるために。

私もあるかな?素敵な出会い

お盆も過ぎたというのに、
猛暑日が続いている福岡です


ここ2、3日は、フェーン現象の影響で気温が上がり 
本当に、吸う空気が熱く感じられるほどでした。


2週続けて台風がくるのかと
うんざりしておりましたが、
19号はうま~く九州を避けた進路をとってくれて
さほど影響はないかと思っていましたが、
実は今が一番 雨風が強くて
夜中にパソコンに向かっている私は
ちょっと怖い・・・かな





Yahooニュースで、
「カラテカ」の矢部太郎さんが描いた漫画
「大家さんと僕」の「大家さん」が亡くなられたことを知りました。


この本が話題になっていたのは知っていましたが、
だからと言って読んでみようとは思いませんでした
私がよくお邪魔している方のブログで
図書館での予約待ちが半端なかったので、
待ちきれず購入したという記事を読んで
私も読んでみようと思ったわけです



大家さんと僕 [ 矢部 太郎 ]



第22回手塚治虫文化賞短編賞受賞!
芸人初の快挙! !
あっという間に55万部突破、大ヒット中!
奇跡の実話漫画に、日本中がほっこり。

1階に大家のおばあさん、2階にトホホな芸人の僕(カラテカ・矢部太郎)。
一緒に旅行するほど仲良くなった不思議な「2人暮らし」の日々は、
もはや「家族」! ?
大切な人をもっと大切にしたくなる、
泣き笑い、奇跡の実話漫画!




最初は正直 日常過ぎる話の展開に
ちょっと物足りなさを感じていましたが、
次第にお二人の関係性が素敵だなって思えてきて
読み終わるころには 私の心までほっこりと
温かくなっていました。


歳を重ねると当然 人生のわびさびも経験するわけですが、
それでも 大家さんのように
上品で可愛らしく なのにユーモアもある  
そんなおばあちゃんになりたいなぁ


性別も年齢も超えた
こんな素敵な出会いがまだあるのかなって
自分のこれからも 楽しみになりました。







               参加しています    

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
         


          大家さんが ご高齢だったので、
          次の話が読みたいけれど
          次があるのかしら・・・と心配でもありました。
          まだまだ大家さんとの  
          思い出話を聞かせてほしいと願いながら                   
   
          大家さんの、
          ご冥福をお祈りいたします。 






にほんブログ村テーマ おばあちゃんの知恵袋へ
おばあちゃんの知恵袋
にほんブログ村テーマ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖
Category: 本のこと

15年ぶり?に 日常使いのバック買い替えました。

毎日使って 
毎日見ているものって
案外気付きにくいものでして


以前、愛用していた財布がありました。
デザイン云々ではなく、
本当に私にとって使い勝手が良かったので
ずっと使っておりました。


しかし、そのお財布、
傍からみたらかなりくたびれていたらしく
実母から 海外土産にお財布を貰いました


そこで初めて このくたびれ方は
イイ感じのダメージに見えるのではなく、
単に、傷んでいるようにしか見えないのだと気付きました。


こんなに鈍感な私でさえも
今回は、自ら気付いたのです。
今まで日常使いしていたバック
かなり傷んでいる・・・
流石にね 使っていて恥ずかしくなりました


およそ15年前、
セール商品の中から見つけたお買い得品
夏場だったこともあり、黒いバック・・・
と、かなり迷った記憶がありますが、
結局、15年間 季節を問わず使い続けてこの状態




バック



小さいけれど、このバックの中には
必要なものが入っているから
いざという時には これ一つでさっと出かけられました。


若いころは 季節によって
使い分けもしたけれど、
黒で汚れ目が知れないことと、
使いやすさから 通年で使い続けていました。


お出かけ用ではなく、普段使いのバック。
これと同じようなサイズ、色でいいなって思って
買ったのが こちらのバックです




トートバッグ



バックの種類や大きさ、色の展開がかなりあって
どれにしようかなぁ~なんて 
ワクワクしながら 見ていたんだけど、
私の事だから また平気で10年以上は使い続けるだろうと思って、
飽きの来ないデザインにしました。
大きさは 今まで使っていたものとほとんど一緒です。




トートバッグ 1



普段使いにちょうどいい。
でもね・・・ 
わかって買ったからしょうがないけれど、
今度のバック ポケットが一つもなくて
いざ使ってみると 私にはちょっと不便でした
箪笥の中で眠っていたポーチを
引っ張り出して活用中です







               参加しています       

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
          


          おばちゃんが、
          頑張ってお洒落をする必要はないと思うのですが、
          ある程度身奇麗にしておかないと
          周りに不快な思いをさせちゃうから
          気を付けないといけないなって思いました
          こんなこと、
          身内じゃないと指摘してくれないしね
           
          




エルベシャプリエ      Herve Chapelier





にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
にほんブログ村テーマ トートバッグへ
トートバッグ
Category: goods

家にいる時間を楽しむ

今日は立秋ですが、
相変わらずの暑さが続いています
私は 去年の夏も 暑さに負け
家で過ごす時間が多かったような気がします。


昔に比べ 
夏の暑さが本当に半端ないとは思うのですが、
更年期というお年頃のせいなのか
私自身の身体にも 
変化があるのかもしれません・・・
毎日暑い  とにかく暑いっ 


外に出る元気もなく、
家にいても 家事をする気力もなく、
ゴロゴロ とにかく ゴロゴロ
こんな時 唯一楽しめるのが 本を読むこと


エアコンの入った部屋で、ゴロゴロしながら
読書をしています





青空と逃げる (単行本) [ 辻村 深月 ]



深夜の交通事故から幕を開けた、家族の危機。押し寄せる悪意と興味本位の追及に日常を奪われた母と息子は、東京から逃げることを決めたーー。
辻村深月が贈る、一家の再生の物語。読売新聞好評連載、待望の単行本化。
深夜の電話が、母と息子の日常を奪い去った。疑心、恐怖、そして怒り。壊れてしまった家族が、たどり着く場所はー。母の覚悟と、息子の決意。



読んでいて まず連想したのが
角田光代さんの「八日目の蝉」でした。
逃避行として その時々の心の交流が描かれています。


逃避行・・・
高知県四万十市
兵庫県姫路市家島町
大分県別府市
宮城県仙台市と生活の場を変えていきますが、
ただ、「八日目の蝉」は、逃避行する目的がはっきりとあったのですが、
どーしてこんなにしてまで逃げるのだろう?
と、正直不思議でした。


「かがみの孤城」が面白かっただけに
その直後の作品としては
ちょっと残念だったかな





噛みあわない会話と、ある過去について [ 辻村 深月 ]



2018年本屋大賞受賞後第一作! 美術教師の美穂には、有名人になった教え子がいる。彼の名は高輪佑。国民的アイドルグループの一員だ。しかし、美穂が覚えている小学校時代の彼は、おとなしくて地味な生徒だったーーある特別な思い出を除いて。今日、TV番組の収録で佑が美穂の働く小学校を訪れる。久しぶりの再会が彼女にもたらすものとは




「ナベちゃんのヨメ」
「パッとしない子」
「ママ・はは」
「早穂とゆかり」 の4篇収録の短編集。
「ママ・はは」は 「宮辻薬東宮」に収録されていたので、
読んだことのある作品でした。


本を読んでいる間、ずっと息苦しい感じでした。 
こんな感覚は 初めてかもしれません。
タイトル通り、4篇を通して「噛み合わない会話」が
「ある過去」の出来事に基づいてなされていきます。


悪気がなく何の気なしに発した言葉が、
相手にとっては傷つく言葉だったってこと
誰にでもあると思うのですが、
こんな風に 立場が変わって蒸し返えされるんて・・・。


読みながら、自分の子供時代の事を思い出し
私は こんな性格なので、
きっと誰かに嫌な思いを残してしまっているだろうなって
重たい気持ちになりました


それもこの小説に出てくる人たちって
それまでずーっと恨みを秘めていて 
その恨みを、表面化する時の恐ろしさといったら 
ゾッとするほど切れ味鋭い短編集です。









               参加しています    

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
          


           その時の会話だって
           言った側と言われた側で、
           捉え方が違うだろうし、
           何年も経っていたら
           仮に その会話を覚えていたって
           自分の都合のいいように
           上書きされているかもしれません。
           私・・・
           同級生に会うのが怖いわぁ
   




にほんブログ村テーマ 短編小説へ
短編小説
にほんブログ村テーマ 癒しno時間へ
癒しno時間
Category: 本のこと