ぽっかぽか・な・・・❤

家族三人 田舎でのんびり(?)暮らしています

Top Page › Category - 本 映画 ドラマのこと
2019-09-10 (Tue)

バトン と ある男

バトン と ある男

肌寒さまで感じた日もあったのに、ここんとこの 猛暑の再来に身体がついていかず、バテバテ状態ですそんな状態で ぼーーーっとテレビを観ていると副業主婦を扱っている番組があっていてこんな稼ぎ方があるんだなぁ~外国人観光客に卵焼きを教えて・・・ 月収〇〇万円海岸に流れてくるすりガラスを拾って・・・ 月収〇〇万円空き部屋を時間貸しして・・・ 月収〇〇万円現在 何も稼ぎがない私は凄いなぁ~と 働かない頭と 動...

… 続きを読む

肌寒さまで感じた日もあったのに、
ここんとこの 猛暑の再来に
身体がついていかず、
バテバテ状態です


そんな状態で 
ぼーーーっとテレビを観ていると
副業主婦を扱っている番組があっていて
こんな稼ぎ方があるんだなぁ~


外国人観光客に卵焼きを教えて・・・ 月収〇〇万円
海岸に流れてくるすりガラスを拾って・・・ 月収〇〇万円
空き部屋を時間貸しして・・・ 月収〇〇万円


現在 何も稼ぎがない私は
凄いなぁ~
と 働かない頭と 動かない身体で
ぼーーーーっと
ただただ ぼーーーーっと
観ていました





さて、読んでいたのに
ぼーーーぅと忘れていたのがコチラ

そして、バトンは渡された [ 瀬尾 まいこ ]



血の繋がらない親の間をリレーされ、四回も名字が変わった森宮優子、十七歳。
だが、彼女はいつも愛されていた。身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作。



今春、本屋大賞を受賞したことを知り、
読んでみた本です。
単純に面白かったし、読みやすかったけど。。。


流石に、この設定は
無理があり過ぎるんじゃないかなぁ・・・
家族とは、形じゃなく愛情だって言いたいのはわかるけど
ここに描かれているのは なんか違うような?


私は 学生時代あまり活字に親しんでこなかったので、
本屋大賞は 書店員さんがどんな作品を選ぶんだろうと 
毎年楽しみにしていますが、
そうなんだぁ 今年はこれなんだ




本屋大賞のノミネートがある前に
読んでいた本がありました。
それがコチラ


ある男 [ 平野 啓一郎 ]



愛したはずの夫は、まったくの別人であった。
「マチネの終わりに」から2年。平野啓一郎の新たなる代表作!

弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から、「ある男」についての奇妙な相談を受ける。
宮崎に住んでいる里枝には、2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。長男を引き取って14年ぶりに故郷に戻ったあと、「大祐」と再婚して、新しく生まれた女の子と4人で幸せな家庭を築いていた。ある日突然、「大祐」は、事故で命を落とす。悲しみにうちひしがれた一家に「大祐」が全くの別人だったという衝撃の事実がもたらされる……。
里枝が頼れるのは、弁護士の城戸だけだった。

人はなぜ人を愛するのか。幼少期に深い傷を背負っても、人は愛にたどりつけるのか。
「大祐」の人生を探るうちに、過去を変えて生きる男たちの姿が浮かびあがる。
人間存在の根源と、この世界の真実に触れる文学作品。




テレビから受ける平野さんのイメージとは 
程遠い作品だった 前作の『マチネの終わりに』
そのギャップから 平野さんの作品に興味が沸き 
次の作品を楽しみにしていました。


私は正直、大賞をとった『バトン』より
こちらの方が面白かったです。
因みに、2019年本屋大賞では5位だったようです。


サスペンスのようなドキドキ感を味わいながら読み進める内容は
人間とは何か、過去とは、現在とは、
愛、そして家族とは何か、を考えさせられるものでした。


ここで私が陳腐な言葉でつづるより
読んでない方は ぜひ読んでほしい
そう思えるような作品です。







              参加しています  
     
        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
          

          
          


図書館になくて・・・
買おうかどうか 迷っています。

時間(とき)の花束   幸せな出逢いに包まれて      /三浦百惠




2019-08-19 (Mon)

日々の献立を見直すきっかけ

日々の献立を見直すきっかけ

NHKの「365日の献立日記」という番組が好きでよく観ています。これまでに比べると 時間の余裕もありそうなので、私も こんな風に きちんとした食生活を送りたいなぁと思って本をじっくり読んでみました。 わたしの献立日記      /沢村貞子さあ今日も、ささやかなおそうざいを一生懸命こしらえましょう。女優業がどんなに忙しいときも台所に立ちつづけた著者が、日々の食卓の参考にとつけはじめた献立日記。その行間から...

… 続きを読む

NHKの「365日の献立日記」という番組が好きで
よく観ています。
これまでに比べると 
時間の余裕もありそうなので、
私も こんな風に 
きちんとした食生活を送りたいなぁと思って
本をじっくり読んでみました。 



わたしの献立日記      /沢村貞子



さあ今日も、ささやかなおそうざいを一生懸命こしらえましょう。
女優業がどんなに忙しいときも台所に立ちつづけた著者が、日々の食卓の参考にとつけはじめた献立日記。
その行間からは一本芯の通った生活ぶりがうかんでくる。工夫と知恵、こだわりにあふれた料理用虎の巻。
〈解説〉平松洋子




番組では
女優でエッセイストだった沢村貞子さんが
書き留めていた献立ノートをもとに、
料理を再現していきますが、
本の方は 献立がただ書いてあるだけで
詳しいレシピまでは載っていません。


もともとレシピ本ではなく
献立日記なので 当たり前なのかもしれません。
私も 結婚したての時に、
主婦向け雑誌の付録についていた献立カレンダーに
その日の献立を書いていた時がありましたが、
   ・・・ 若かったなぁ ・・・
わざわざ作り方まではね


番組では 
貞子さんは、こんな風に作ったのかしら・・・
って、想像しながら作る場面もあります。
私の腕前では 本に載っている献立を
そのまま作ることはできないので、
献立をヒントに 
自分の食事に生かしていければ と思っています。



       note_201908191204381ff.gif


最近よく、日記を書くことは
心の健康にいいと言われています。
私の場合 性格なんでしょうかねぇ
続いた試しがありません(笑)
私にとって、
日記のハードルが高いのは事実ですが
日記じゃなくて
その日の献立を書くことはできるかも


5年日記帳とか10年日記帳とかだと
行数が少ないので、
意外と献立日記にするのに
調度いいかもしれません。


時には 献立だけでなく
その時の気持ちを書いてみたりしてね


私たち夫婦は
食に関して 特別こだわりはありませんが、
そろそろ いいお年頃なので
身体にやさしい食事を摂ることを
心掛けたいと思っています







              参加しています  
     
        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
          





思い立ったが吉日
日付なしの日記帳は すぐ始められていいかも

3年日記《日付表示なし》 A5サイズ 横書 アピカ D309



私の事だから・・・ 
まずは3年日記くらいの方がいいかな








 
2019-08-13 (Tue)

ロスってます

ロスってます

さっき 楽しみにとっておいたドラマの最終話を観てしまいました。再放送ドラマ「透明なゆりかご」の第10話先週の金曜深夜に放送があっていたのですが、夫や娘がいない時に、   ・・・ 今日二人は出勤です ・・・ひとりでじっくり観たいと今日まで 観らずにとっておきました。最終話も 期待を裏切らないとてもよいお話でした。本当に、いつもしんみり泣けてくるというかまだ静かな感動が広がっています。        ・...

… 続きを読む

さっき 
楽しみにとっておいたドラマの
最終話を観てしまいました。
再放送ドラマ「透明なゆりかご」の第10話


先週の金曜深夜に放送があっていたのですが、
夫や娘がいない時に、
   ・・・ 今日二人は出勤です ・・・
ひとりでじっくり観たいと
今日まで 観らずにとっておきました。


最終話も 期待を裏切らない
とてもよいお話でした。
本当に、いつもしんみり泣けてくるというか
まだ静かな感動が広がっています。



2019 5 ミント
        ・・・ 2019 5月 エリゲロン&ミント in my garden ・・・



このドラマは 
設定が今から20年くらい前だったかな?
なので、今のデータは少し違うかもしれませんが・・・


第一話で 先生が主人公で看護助手のアオイに
日本人の死因第一位を尋ねます。
アオイは教科書で習った原因をきちんと述べますが、
実際は「アウス」だと 由比先生は告げます。


それまで「アウス」という言葉を知らなかったので、
それが人工中絶のことだと分かって 
びっくりしました。


一概に
人工中絶が悪いとは思っていません。
人それぞれに いろんな事情があって
真剣に考えた末の結論だと思うからです。
でも、死因の一番が中絶だと聞くと
正直ショックでした


このドラマは アオイが
「透明な命」を 見送る仕事から始まりますが、
その後も
妊娠と出産、
望む命と望まれない命、
性に対する重さと責任、
子育てと仕事
そして、生と死について
とにかく、いろんなことを
静かに、静かに考えさせられるドラマでした。



2019 5 ラベンダー
          ・・・ 2019 5月 ラベンダー in my garden ・・・



今回意外な驚きだったのが
由比先生を演じる瀬戸くんがよくて
私の中では『グレーテルのかまど』でお馴染みだっただけに
   ・・・ グレーテルのかまど(Eテレ放送中 15代目ヘンゼル役) ・・・
最初は 瀬戸くんが産婦人科の先生なんて
大丈夫かなぁ・・・
あの童顔で説得力あるのかなぁって
要らぬ心配もしましたが、
なんの!なんの!
とても安心感のある信頼のおける先生でした。







              参加しています   
     
        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
          

            早く 続編見たいです
           
          



音楽も しみじみよかったです

NHKドラマ10        透明なゆりかご オリジナル・サウンドトラック [ 清水靖晃 ]








2019-08-07 (Wed)

ドラマ観て毎回泣いてます 

ドラマ観て毎回泣いてます 

4-6月クールの春ドラマは自分でもまぁ驚くくらい 何本も楽しみに観ていたのに、7-9月クールの夏ドラマは 観るのがないわぁと 嘆いていたら・・・ありました!ありました!再放送ですが、いま、どっぷりはまっているドラマが コチラ                              画像お借りしています → ☆町の小さな産婦人科医院を舞台に、ひとりの感性豊かな少女の目線で、『命とは何か』を問い、見つめてゆ...

… 続きを読む

4-6月クールの春ドラマは
自分でもまぁ驚くくらい 何本も楽しみに観ていたのに、
7-9月クールの夏ドラマは 
観るのがないわぁと 嘆いていたら・・・


ありました!ありました!
再放送ですが、いま、どっぷりはまっているドラマが コチラ


透明なゆりかご1
                              画像お借りしています → 

町の小さな産婦人科医院を舞台に、ひとりの感性豊かな少女の目線で、『命とは何か』を問い、
見つめてゆく物語。
原作は、初めての映像化となった沖田×華さん。累計380万部超、
20代から30代の女性を中心に圧倒的な共感を呼んでいる漫画作品(現在も連載中)。
物語は幸せな出産ばかりでなく、中絶や母体死亡といった産婦人科の『影』の部分にも向き合いながら、
時に明るく、時に切なく、主人公たちの命への『祈り』にも似た想いをつむいでゆく。
観ていてどこかほっこりする、でも心の底までズドンと来るような、そんなドラマをお届けします。




去年、予告を観て
あぁ、こんなドラマがあるんだと思った記憶はあるのですが、
当時は あまり興味が持てず 
全然観ていなかったのです。


それが、今回たまたま初回を観てしまったら
もう、感動して  感動して  感動して
そのまま3話続けて観てしまいました。


ただ、寝不足でも大丈夫な年齢ではないので
今は、録画予約をしています(笑)


青田アオイ役 …清原果耶ちゃんが
不器用でコミュニケーション下手なため、
「自分は人の気持ちがよく分からない」と思っているんですが、
   ・・・ 実はそれはアオイが抱える病気のせいだったんですが ・・・
その分?独特の感受性をもっていて
人の心に真っ直ぐ入っていくんですね。


嘘をつかず、誤魔化しもせず、
いつでも直球勝負みたいな・・・。


清原果耶ちゃんの優しいナレーションと、
Charaさんの主題歌『せつないもの』が同時に流れると、
ふたつの優しい響きが相まって
本当にもう・・・


「命には、望まれて生まれてくるものと人知れず消えていくものがある。
 輝く命と透明な命…
 わたしには、その重さはどちらも同じに思える」

これは、主人公の高校生・アオイの心の声です。


「命ってなんだろう」
改めて 考える機会を得たような気がします。














              参加しています  
     
        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
          





原作の漫画を読んでみたくなりました。
久々に大人買いしちゃおうかなぁ

【在庫あり/即出荷可】【新品】透明なゆりかご (1-7巻 最新刊) 全巻セット



透明なゆりかご DVD-BOX [ 清原果耶 ]




最近の私からしたら 
珍しく連日の投稿です
観てみたいと思われた方、
去年観たけど、再放送も観たいわっと思った方
今夜は、第8回「妊婦たちの不安」
     第9回「透明な子」       放送予定です。



2018-10-25 (Thu)

未来って・・・。

未来って・・・。

今日は 満月なんだとか今年は 中秋の名月も 十六夜の月も 十三夜も 幸運にも 綺麗なお月さまを拝むことが出来ました 中秋の名月は 諦めていましたが、 日付が変わるくらいのころになって、 雲が切れ始め、お陰でちょっと幻想的なお月様となりました。ここに越してきて よかったなって思うことの一つに お月さまと 星空の美しさがあります。今日も良い天気です。綺麗な満月見れるかな 未来 [ 湊かなえ ]ある日、突然届いた...

… 続きを読む

今日は 満月なんだとか


今年は 中秋の名月も
十六夜の月も 十三夜も
幸運にも 綺麗なお月さまを拝むことが出来ました


中秋の名月は 諦めていましたが、
日付が変わるくらいのころになって、
雲が切れ始め、
お陰でちょっと幻想的なお月様となりました。


ここに越してきて よかったなって思うことの一つに 
お月さまと 星空の美しさがあります。
今日も良い天気です。
綺麗な満月見れるかな 







未来 [ 湊かなえ ]




ある日、突然届いた一通の手紙。送り主は未来の自分だという…。『告白』から10年。湊ワールドの集大成!待望の書き下ろし長編ミステリー!



湊さんの作品は 
大体が 読後感が悪いんだけど、
それがなぜか又 次の作品を読みたいと思わせる
中毒性みたいなものになってしまっているところがある。


直木賞候補作品になっているのを知っていたし、
「湊ワールドの集大成!」とまで言われちゃ
読むしかないでしょ!


父親を亡くした少女に10年後の自分から手紙が届く・・・
という、どんなカラクリになっているんだろうと
ワクワクしながら読み始めましたが・・・


正直、とても残念でした。
直木賞候補も 「湊ワールドの集大成」も、
「なんで?」って 思うような内容でした。


いじめ、DV、父娘相姦、親殺し、自殺、AV出演強要など、
これでもか!という位の 不幸満載。
それが とても安易に描かれていて
読んでいて 気分が悪くなってきました。


そして 「未来」というタイトルですが
最後の締めくくりだけで 「未来」があるというのは
とても苦しいような気がします。






 


               参加しています       

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
          


           個人的には 
           最近の湊さんの作品を読んでも
           期待外れが多いのですが、
           新作が出たら やっぱり読んでしまう
           読者を引き付ける
           湊さんの魅力って何なんでしょうね(笑)





にほんブログ村テーマ ミステリー小説へ
ミステリー小説
にほんブログ村テーマ 「このミステリーがすごい!」受賞作を読むへ
「このミステリーがすごい!」受賞作を読む

           
2018-08-24 (Fri)

私もあるかな?素敵な出会い

私もあるかな?素敵な出会い

お盆も過ぎたというのに、猛暑日が続いている福岡ですここ2、3日は、フェーン現象の影響で気温が上がり 本当に、吸う空気が熱く感じられるほどでした。2週続けて台風がくるのかとうんざりしておりましたが、19号はうま~く九州を避けた進路をとってくれてさほど影響はないかと思っていましたが、実は今が一番 雨風が強くて夜中にパソコンに向かっている私はちょっと怖い・・・かなYahooニュースで、「カラテカ」の矢部太郎さん...

… 続きを読む

お盆も過ぎたというのに、
猛暑日が続いている福岡です


ここ2、3日は、フェーン現象の影響で気温が上がり 
本当に、吸う空気が熱く感じられるほどでした。


2週続けて台風がくるのかと
うんざりしておりましたが、
19号はうま~く九州を避けた進路をとってくれて
さほど影響はないかと思っていましたが、
実は今が一番 雨風が強くて
夜中にパソコンに向かっている私は
ちょっと怖い・・・かな





Yahooニュースで、
「カラテカ」の矢部太郎さんが描いた漫画
「大家さんと僕」の「大家さん」が亡くなられたことを知りました。


この本が話題になっていたのは知っていましたが、
だからと言って読んでみようとは思いませんでした
私がよくお邪魔している方のブログで
図書館での予約待ちが半端なかったので、
待ちきれず購入したという記事を読んで
私も読んでみようと思ったわけです



大家さんと僕 [ 矢部 太郎 ]



第22回手塚治虫文化賞短編賞受賞!
芸人初の快挙! !
あっという間に55万部突破、大ヒット中!
奇跡の実話漫画に、日本中がほっこり。

1階に大家のおばあさん、2階にトホホな芸人の僕(カラテカ・矢部太郎)。
一緒に旅行するほど仲良くなった不思議な「2人暮らし」の日々は、
もはや「家族」! ?
大切な人をもっと大切にしたくなる、
泣き笑い、奇跡の実話漫画!




最初は正直 日常過ぎる話の展開に
ちょっと物足りなさを感じていましたが、
次第にお二人の関係性が素敵だなって思えてきて
読み終わるころには 私の心までほっこりと
温かくなっていました。


歳を重ねると当然 人生のわびさびも経験するわけですが、
それでも 大家さんのように
上品で可愛らしく なのにユーモアもある  
そんなおばあちゃんになりたいなぁ


性別も年齢も超えた
こんな素敵な出会いがまだあるのかなって
自分のこれからも 楽しみになりました。







               参加しています    

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
         


          大家さんが ご高齢だったので、
          次の話が読みたいけれど
          次があるのかしら・・・と心配でもありました。
          まだまだ大家さんとの  
          思い出話を聞かせてほしいと願いながら                   
   
          大家さんの、
          ご冥福をお祈りいたします。 






にほんブログ村テーマ おばあちゃんの知恵袋へ
おばあちゃんの知恵袋
にほんブログ村テーマ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖
2018-08-07 (Tue)

家にいる時間を楽しむ

家にいる時間を楽しむ

今日は立秋ですが、相変わらずの暑さが続いています私は 去年の夏も 暑さに負け家で過ごす時間が多かったような気がします。昔に比べ 夏の暑さが本当に半端ないとは思うのですが、更年期というお年頃のせいなのか私自身の身体にも 変化があるのかもしれません・・・毎日暑い  とにかく暑いっ 外に出る元気もなく、家にいても 家事をする気力もなく、ゴロゴロ とにかく ゴロゴロこんな時 唯一楽しめるのが 本を読むこと...

… 続きを読む

今日は立秋ですが、
相変わらずの暑さが続いています
私は 去年の夏も 暑さに負け
家で過ごす時間が多かったような気がします。


昔に比べ 
夏の暑さが本当に半端ないとは思うのですが、
更年期というお年頃のせいなのか
私自身の身体にも 
変化があるのかもしれません・・・
毎日暑い  とにかく暑いっ 


外に出る元気もなく、
家にいても 家事をする気力もなく、
ゴロゴロ とにかく ゴロゴロ
こんな時 唯一楽しめるのが 本を読むこと


エアコンの入った部屋で、ゴロゴロしながら
読書をしています





青空と逃げる (単行本) [ 辻村 深月 ]



深夜の交通事故から幕を開けた、家族の危機。押し寄せる悪意と興味本位の追及に日常を奪われた母と息子は、東京から逃げることを決めたーー。
辻村深月が贈る、一家の再生の物語。読売新聞好評連載、待望の単行本化。
深夜の電話が、母と息子の日常を奪い去った。疑心、恐怖、そして怒り。壊れてしまった家族が、たどり着く場所はー。母の覚悟と、息子の決意。



読んでいて まず連想したのが
角田光代さんの「八日目の蝉」でした。
逃避行として その時々の心の交流が描かれています。


逃避行・・・
高知県四万十市
兵庫県姫路市家島町
大分県別府市
宮城県仙台市と生活の場を変えていきますが、
ただ、「八日目の蝉」は、逃避行する目的がはっきりとあったのですが、
どーしてこんなにしてまで逃げるのだろう?
と、正直不思議でした。


「かがみの孤城」が面白かっただけに
その直後の作品としては
ちょっと残念だったかな





噛みあわない会話と、ある過去について [ 辻村 深月 ]



2018年本屋大賞受賞後第一作! 美術教師の美穂には、有名人になった教え子がいる。彼の名は高輪佑。国民的アイドルグループの一員だ。しかし、美穂が覚えている小学校時代の彼は、おとなしくて地味な生徒だったーーある特別な思い出を除いて。今日、TV番組の収録で佑が美穂の働く小学校を訪れる。久しぶりの再会が彼女にもたらすものとは




「ナベちゃんのヨメ」
「パッとしない子」
「ママ・はは」
「早穂とゆかり」 の4篇収録の短編集。
「ママ・はは」は 「宮辻薬東宮」に収録されていたので、
読んだことのある作品でした。


本を読んでいる間、ずっと息苦しい感じでした。 
こんな感覚は 初めてかもしれません。
タイトル通り、4篇を通して「噛み合わない会話」が
「ある過去」の出来事に基づいてなされていきます。


悪気がなく何の気なしに発した言葉が、
相手にとっては傷つく言葉だったってこと
誰にでもあると思うのですが、
こんな風に 立場が変わって蒸し返えされるんて・・・。


読みながら、自分の子供時代の事を思い出し
私は こんな性格なので、
きっと誰かに嫌な思いを残してしまっているだろうなって
重たい気持ちになりました


それもこの小説に出てくる人たちって
それまでずーっと恨みを秘めていて 
その恨みを、表面化する時の恐ろしさといったら 
ゾッとするほど切れ味鋭い短編集です。









               参加しています    

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
          


           その時の会話だって
           言った側と言われた側で、
           捉え方が違うだろうし、
           何年も経っていたら
           仮に その会話を覚えていたって
           自分の都合のいいように
           上書きされているかもしれません。
           私・・・
           同級生に会うのが怖いわぁ
   




にほんブログ村テーマ 短編小説へ
短編小説
にほんブログ村テーマ 癒しno時間へ
癒しno時間
2018-07-31 (Tue)

衝撃の「ファーストラブ」

衝撃の「ファーストラブ」

今日で7月もおしまいです。大雨、酷暑、台風と自然の猛威を 感じされられた一か月でした。まだまだ夏は続きますが、どうか 夏を楽しむことができるようなお天気でありますようにファーストラヴ [ 島本 理生 ]夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。環菜は就職活動の最中で、その面接の帰り...

… 続きを読む

今日で7月もおしまいです。
大雨、酷暑、台風と
自然の猛威を 感じされられた一か月でした。


まだまだ夏は続きますが、
どうか 夏を楽しむことができるような
お天気でありますように






ファーストラヴ [ 島本 理生 ]



夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。環菜は就職活動の最中で、その面接の帰りに凶行に及んだのだった。環菜の美貌も相まって、この事件はマスコミで大きく取り上げられた。なぜ彼女は父親を殺さなければならなかったのか?
臨床心理士の真壁由紀は、この事件を題材としたノンフィクションの執筆を依頼され、環菜やその周辺の人々と面会を重ねることになる。そこから浮かび上がってくる、環菜の過去とは? 「家族」という名の迷宮を描く傑作長篇。

なぜ娘は父親を殺さなければならなかったのか?




私にとって初めての島本作品
題名も 「ファーストラブ」だし、
私の中で「ナラタージュ」の映画の印象が強く残っていただけに
恋愛小説かなぁなんて 全く予備知識なく
気楽に読み始めてしまいました。


久々に 一気読みした作品でした。 
事件の動機と真実が少しずつ分かってくるにつれ 
心が何とも重く、痛くなってくるんですが、
それでも早くその先が読みたくて 最後まで手放せない一冊でした。


父と娘、母と娘、何ともいびつな関係性で結ばれた家族。
環菜はもちろん 臨床心理士の由紀の過去にも
父親から受けた精神的虐待がトラウマになっています。
幼いころの家庭環境が 人格形成にどれほど影響を及ぼすのか・・・。
ミステリー小説というより 家族とは何かを
改めて考えさせられる小説です。


読み終わるまで ずっとドキドキしていたような気がします。
読後の感想は 本当に「面白かった」なんだけど、
「面白かった」と 一言で言いきってしまうのも
なんとなく違うような気がします。


読み終わって 娘から
今年上半期の直木賞受賞作品だと聞き
びっくりしました
候補作の一つだとは知っていましたが


でも・・・
読んで納得って感じです
 








              参加しています       

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
          


          この作品はとても映像的なのですが、
          デッサン風景の場面を想像するだけで
          とても不快な気持ちになりました。
          もしかしたら これ程までとはいかないまでも
          女性は誰でも 他人からの視線に
          嫌な思いをしたことがあるのではないでしょうか。




にほんブログ村テーマ 芥川賞・直木賞・本屋大賞へ
芥川賞・直木賞・本屋大賞  
にほんブログ村テーマ 読書好き集まれ~へ
読書好き集まれ~          
2018-05-23 (Wed)

久々に東野圭吾の世界に浸る

久々に東野圭吾の世界に浸る

今年は 早くから梅雨前線が ちらほら北上して来て5月だというのに、雨が多い印象です。今日も ほぼ一日雨予報本格的な梅雨に入る前に明日からの晴れ間を上手に使わなくちゃねナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)東野作品史上、もっとも泣ける感動ミステリー、待望の文庫化! 悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談...

… 続きを読む

今年は 早くから
梅雨前線が ちらほら北上して来て
5月だというのに、雨が多い印象です。


今日も ほぼ一日雨予報
本格的な梅雨に入る前に
明日からの晴れ間を上手に使わなくちゃね






ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)



東野作品史上、もっとも泣ける感動ミステリー、待望の文庫化!

悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空を超えて過去から投函されたのか? 3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが……。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるか!?




3月、日本アカデミー賞授与式をテレビで観ていて
面白そうだなって思った映画がありました。
私は映画より先に本を読みたい派なので、
まずは原作をと思い 図書館のサイトで貸し出し可能を確認
いくら人気の東野さんだって
何年も前の作品なら すぐに借りれるわって
早速翌日 出かけて行ったら まさかの全部貸し出し中
きっと 私のような人が多かったんでしょうねぇ 残念
結局 予約を入れて他の作品を借りて帰りました。
   ・・・ それは次に紹介しています ・・・



東野圭吾さんの作品を読むのは 久しぶりでした。
以前は よく読んでいたんですけどね。


時空を超えた それぞれの相談事が 
最後に一つにまとまります。
私の中では
魚屋ミュージシャンの話とポールレノンの話が
一番印象深く残りました。


逆境を 自分ひとりで跳ね返したんだって思っていても
実は 誰かの協力のお陰だったり 
誰かの犠牲のもと 出来たことだったり
自分ひとりだけでやれたような気がしてるけど
そうではないんだって 改めて感じさせられました。 


面白かったです。
次は 映画を観たいと思います。






パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)



親友の恋人を手に入れるために、俺はいったい何をしたのだろうか。「本当の過去」を取り戻すため、「記憶」と「真実」のはざまを辿る敦賀崇史。錯綜する世界の向こうに潜む闇、1つの疑問が、さらなる謎を生む。精緻な伏線、意表をつく展開、ついに解き明かされる驚愕の真実とは!?傑作長編ミステリー。





で、ナミヤ雑貨店が借りれなかった間
借りて帰ったのがコチラでした。


東野ワールドに浸りたいと思っていたので、
映画になるって聞いていた作品を
借りてることにしました。


東野さんの作品で 恋愛ものって珍しい?よね
って思いながら読んでいたら、
やっぱり 正統派の恋愛小説ではないので、
そちらを期待して読むとちょっと当てが外れちゃうかも。


個人的には 
次の展開が気になって 
ワクワクしながら 読み進めていく感じが
あまりなかった作品でした


読んだ後なのに、私の頭の中で 
整理できていないものがあるので、
映画でそれらをどう描いていくのか
拝見したあとに、
もう一度 読み直してみたいと思っています









               参加しています    

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
         


           映画の公開は いつだったっけ?






にほんブログ村テーマ 東野圭吾へ
東野圭吾
にほんブログ村テーマ 映画の感想へ
映画の感想
2018-04-28 (Sat)

小川のキラキラ 糸のつるかめ

小川のキラキラ 糸のつるかめ

毎年この時期は本屋大賞の発表が気になり そわそわしているのですが、ぼーっとしていたんでしょうねぇ(笑)気が付けば・・・ あれっ? もうかなり前に発表があっているではありませんか結果は「かがみの孤城」が今年の大賞!ノミネートされていた本10冊のうち唯一読んでいた本だったのですが他の本を知らなくても大賞がコレって、うぅ~ん納得!って感じです。それだけ 面白かった記憶があります。まだの方は 是非読んでみてく...

… 続きを読む

毎年この時期は
本屋大賞の発表が気になり 
そわそわしているのですが、
ぼーっとしていたんでしょうねぇ(笑)
気が付けば・・・ あれっ? 
もうかなり前に発表があっているではありませんか



結果は「かがみの孤城」が今年の大賞!
ノミネートされていた本10冊のうち
唯一読んでいた本だったのですが
他の本を知らなくても
大賞がコレって、うぅ~ん納得!って感じです。
それだけ 面白かった記憶があります。
まだの方は 是非読んでみてください。




本屋大賞10位で 「ツバキ文具店」の続編でもあるこの作品。
ようやく読むことができました。
 

キラキラ共和国 [ 小川糸 ]



「ツバキ文具店」は、今日も大繁盛です。
バーバラ夫人も、QPちゃんも、守景さんも、みんな元気です。
みなさんのご来店をお待ちいたしております。--店主・鳩子

亡くなった夫からの詫び状、川端康成からの葉書き、
大切な人への最後の手紙……。
伝えたい思い、聞きたかった言葉、
「ツバキ文具店」が承ります。

ツバキ文具店は、今日も大繁盛です。夫からの詫び状、憧れの文豪からの葉書、大切な人への最後の手紙…。伝えたい思い、聞きたかった言葉、承ります。『ツバキ文具店』待望の続編。





終始 ほんわかと優しい気持ちで読むことができる
心にやさしい一冊です
今回は 代書屋としての話より
主人公鳩子の新しい生活が中心に描かれていきます。
ただ今回は、「ツバキ文具店」がドラマ化されていたこともあり、
読みながら その時の俳優さんたちが浮かんできてしまい
純粋に物語の世界に浸ることができませんでした


伏線が 回収されていない箇所があるので、
続編が出そうな感じです
登場人物が いい人すぎる感じもしますが、
現実はなかなかシビアなので、
物語の世界だけでも 
ほんわかできる時間がもてるのは 貴重なのかな?
次回作が すでに楽しみです





つるかめ助産院 (集英社文庫)



沖縄で見つめる命の奇跡の物語
家族を失い傷心のまりあは、南の島の助産院で居候生活を始める。何をするにも自信が持てない彼女だったが、島で出会った魅力的な人々に影響され、少しずつ自分の過去と向き合えるようになり…。

夫が姿を消して傷心のまりあは、一人訪れた南の島で助産院長の鶴田亀子と出会い、予想外の妊娠を告げられる。家族の愛を知らずに育った彼女は新しい命を身ごもったことに戸惑うが、助産院で働くベトナム人のパクチー嬢や産婆のエミリー、旅人のサミーや妊婦の艶子さんなど、島の個性豊かな仲間と美しい海に囲まれ、少しずつ孤独だった過去と向き合うようになり―。命の誕生と再生の物語。





「キラキラ共和国」を待っている間 読みました。
ドラマ化されていた記憶があったので、読んでみようと思ったのですが、
ドラマは観ていなかったので、配役まで知らなくて
お陰で(笑)
登場人物から浮かんでくる人もいませんでした(笑)



島の人たちはみんな親切で、とても温かい。
正直 優しすぎるだろうとつっこみたくなる所もありますが、
ここは小説の世界、現実逃避するためには
現実とは違った世界が必要ですよね。



主人公も なかなかに辛い思いを背負ってきた人なのですが、
元気そうに見える人たちも皆 それぞれに
厳しいものを経験してきた人だと知り
主人公が 一回り成長していく物語です。



結末は 私が想像していたものとは違って
ハッピーエンドでした
きっと作者は とても優しい方なのでしょうね
今度は ファンの方に好評の
「食堂かたつむり」を読もうと思っています。







               参加しています    

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
           


 
こちらも映画化されているんですね

食堂かたつむり (ポプラ文庫) [ 小川糸 ]



糸さんご自身の生活スタイルが素敵そうです

これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29カ条 [ 小川糸 ]







にほんブログ村テーマ 女性作家・女流作家へ
女性作家・女流作家
にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし