大宰府天満宮

今年の初詣・・・1月7日

この日は夕方から夜にかけて『うそ替え』
かなりの混雑が予想されるため、早めに参拝して来ました。
8.jpg
以前、『曲水の宴』があってるのも知らず、出かけたら大変な目に会い
以後、しっかり調べて行くようになりました。

それでも参道は人でいっぱい
大宰府参道

太鼓橋

鳥居をくぐると、太鼓橋があって
過去 現在 未来 と三つの橋からなっています。
わたしの頃は、カップルで行きにこの橋を渡って参拝したら
分かれるというジンクスがあって、
皆、迂回して帰りに太鼓橋を渡ったものです
・・・うぅん 懐かしい
今も、そんな言い伝え・・・あるのかなぁ?



           <飛梅越しに見る本殿>
001.jpg
飛梅は・・・東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ
という、有名な歌があり、
菅原道真公が左遷されて京都から大宰府に赴いたとき
庭で育てていた梅が道真公を慕って飛んできたという伝説の梅です。
他の梅より早く咲きます。


             <本殿裏の絵馬>
  もちろん、表の本殿にも沢山の絵馬がかけられています
絵馬
年中、大宰府天満宮は賑わうのですが、
天神様は、学問の神様だけあって、
この時期はさすがに受験生でいっぱいです。

昨年は、うちのお嬢さんも受験生だったので、
本殿に上がり、ご神前で合格祈願 
受験合格お守りを頂いて参りました。
そして、こうやって絵馬に書いて更にお願いしてきたんだよなぁ・・
早いなぁ
ご利益あって、今、無事に志望校に通っています 

今春、受験生の人たち ベストを尽くせるようお祈りしています


     <お石茶屋・・・昔懐かしい土間がある古民家>
お石茶屋
(・・・ブログ初心者で、食事の写真を忘れてしまいました
食事の時、出来たてでまわりがパリっとした熱々お餅も一緒に頂きました。

       <お土産でお持ち帰りした梅ヶ枝餅> 
梅ヶ枝餅
梅ヶ枝餅は、大宰府の名物です。とっても美味しいですよ。
個人的に、お石茶屋のほか、お餅だったら「きくち」をおすすめします。

           <3人の今年のお守り>
お守り


          <まだまだ蕾が固い梅の花>
うめ
苑内には沢山の梅の木があり、梅の名所になっています。
そのころに又訪れて、
隣接する九州国立博物館にも行きたいと思っています。
旗

             <今年のおみくじ>
0.jpg
     。。。今年は良いことが   ありそうな。。。





関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する