過去のデータ分析 & 中華風ハンバーグ弁当

( 出願校決定までのことを書いています )


学校で 出願校決定の三者面談をする前に
娘の気持ちを確かめて
家族での意見を 一致しておかなければなりません。

塾での二者面談で、
合格には 本人の気持ちが一番大切だと言われ
諦めていた気持ちにも 少し変化が出てきたようでした。





             今日のお弁当
 
            obentou1.gif

12 10 中華風ハンバーグ弁当
     line_sakura_002.gif
             中華風ハンバーグ
             ミートソース
             卵焼き
             レンコンのきんぴら
             茹でブロッコリー
             ミニトマト
             わかめスープ 
     line_sakura_002.gif



本当に挽回可能なのか
まだ 娘が悩んでいたようので
私は ここ数年の過去のデータを調べて
K2大を受験するときの目安を考えてみました。

第一志望学部=A学部と、
志望変更した場合=B学部の
合格者のセンター試験最低点と、
個別試験まで入れての最低点。

今回の娘のセンターの得点は
A学部の合格者最低点よりも わずかに低く
B学部の合格者最低点よりは 高いものでした。

個別試験まで入れての合格者最低点から
娘のセンターでの得点を引いて、
個別試験で 何点とれば最低合格点に到達できるか調べたら、
A学部では 60%
B学部では 57%

個別試験の合格者平均点が 60%位だったので、
それを考えると 
物凄くハードルが高いわけではなさそうな感じがしました。

俗に テストは平均点が60点くらいになるのが調度良いと
聞いたことがあります。
受験者全体ではなく
合格者だけの平均点が 60%なので、
若干 難しいのかもしれません。

後は、娘が過去問を解いてみて
正答率60%が 出来そうなのか どうなのか
娘自身が 判断するしかありません。








               参加しています   

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

               

                 ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                 ひとぽちっ
                 ↓お願いします↓
           にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ



           『 国語がそんなに難しくないから、
              ここで得点を稼げそうな気がする。
              でも、もしK2大を受けるとしても
              私のセンターの得点では
              A学部で 過去合格者が出ていないから
              B学部にしようかな・・・ 』






関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する