傷心旅行 & 2014 秋弁当

娘は今日から 部活の同じパートだったメンバーで
阿蘇に卒業旅行へ出かけました。

皆の都合上 後期の合格発表翌日からの日程でしか
計画が立てられなかったので
冗談で 「傷心旅行だね~」って 話していたそうです。
ウチの娘だけが まさに傷心旅行となってしまいました(泣)

11人中 ひとり私文を除いた10人で
前期後期とも どこにも引っかかってこなかったのは
ウチの娘だけでした(T_T)

 

                                   2014 10月~12月のお弁当 その1
秋 弁当




前期試験は、何の根拠もない期待だったのですが、
後期試験は、かなり根拠のある期待があったので、
正直 結果を見て びっくりしました( ;∀;)


センター試験で 失敗した娘は
K2大からK3大へ 下げることを希望しましたが、
ランクを下げてまで 自宅外への大学へ進学する必要はないという
周囲の反対から 後期出願校までかなりランクを下げて
前期出願するように すすめられていました。

 『 行きたくない大学の上に 学びたい学部でもないのに
   どうして そこに出願しなくちゃいけないの!? 』

          ・・・ 娘にとっては 第二志望の学部でした ・・・
と、やる気を失い 挙句

 『 そこに行くくらいなら 地元私大に行った方がまし 』
          ・・・ ここは 第一志望学部です ・・・  
と、もうヤケクソ状態


私は自分の経験から 
地方では 国公立大の評価の方が 絶対的に高いので
国公立大進学が最優先!
そのために あんなに苦手な理系科目と悪戦苦闘してきたのだから、
まずは 国公立大への進学を考えてほしいと願っていました。

でも 進学は本人の気持ちが大切なので、
そこまで 行きたくないと言うのなら
どうにかC判定でとどまってきた K2大へチャレンジしてみることを提案して
でも、後期はしっかりそこを受験しようと促しました。
後期でも 十分勝機があると思えたし、
実際、担任の先生との三者面談でも 
「まず大丈夫でしょう」と 言ってもらっていました。


実は娘 後期試験直前まで、
後期出願校へ行くくらいなら 私大に行きたいと言って、
受験自体しないと言い出すこともあったのですが、
取り敢えず 結果が出て考えようと
後期受験へ送り出したくらいでした。

しかし・・・
いざ 後期試験が終わって帰ってきたら

 『 受験してきたら やっぱり受かりたいって思えてきちゃったー 』



私、無信仰で 無信心ですが、
なぜだか 『 言霊 』 はあるような気がして
なるべくマイナスイメージになるような言葉は言わないようにしています。

後期でも 十分に勝ち目があった大学だと 今でも思うのですが、
本人が 直前まで
『 行きたくない 行きたくない 』 と、言っていては
大学の方から 願い下げですよね(-_-メ)




                                   2014 10月~12月のお弁当 その2
秋 弁当2





しかし、私もかなり反省しています。
センター試験での結果が悪く 
思い描いていた進路選択が絶望的になった娘の心理状態を 
もっと考えるべきであったと・・・。

娘の発言を 100%真に受けるのではなく、
あんな時だからこそ、
私が冷静に判断して 娘が納得できるよう
説明すべきだったのではないかと・・・。



今日のメンバーの中で
どうしてもK1大へ行きたいから 後期合格しても浪人するといっていた子が4人
そのうち 2人はE判定からの まさかの逆転合格でした。
それも皮肉なことに 娘が前期出願したK2大です

後期合格したら行くと言っていた 娘は残念で
合格しても行く気がない子たちが皆 合格してくるなんて・・・

本当に、なにが起こるかわかりません。
ウチのように、後期は大丈夫だと思っていても


私の気持ちのどこかで
前期チャレンジの K2大に合格してきたら儲けもの 
だけど、実は・・・
後期出願校へ 前期合格しても 後悔が残るくらいなら
後期合格で 有難い気持ちを持って進学してくれたらと思っていたのです。

あぁ・・・
身の程知らずの 自分勝手な思いが
やはり 純粋に合格したいという子達の気持ちに
負けたんだと思います。

変な小細工などせず 娘の実力通り
素直に前期で 後期出願校を受験していたら
高い確率で 合格していたと思います。
娘の持ち点では おそらく個別試験は20%もあれば
大丈夫だったはずです。


後期受験の小論文は
学部の知識を問われるような内容のもので
娘が小論が得意だといっても
もともと 娘の志望学部ではなかったために
あんな気持ちのまま 後期対策の準備をしたって
やっぱり 満足のいく小論文なんて 
書けなかったのかもしれません。






               参加しています   

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

               

                 ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                 ひとぽちっ
                 ↓お願いします↓
           にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ


          娘からメールが届きました。

        『 みんな進路の話をしてて メンタルえぐられる 』 
         
          ある程度 みんなも配慮はしてくれるでしょうが、
          それでも 受験が終わったばかりのホッとした状態です。  
          嬉しさと安堵の方が先に立つはずです。
          自業自得なのですが、
          娘の 精神的ダメージを思うと やり切れません
          
          何も頭の整理がつかないまま
          うだうだと 見っともない事ばかり書いてしまったけど
          書いていて 改めて思うことがありました。 
          結局、強い信念がないまま
          最後の最後まで ブレにブレていた娘の気持ち
          そんな状態で 受験に臨んだのだから 
          仕方のない 惨敗だったのだろうと          
         



          情けない話ですが、
          珍しく後ろ向きな気持ちになっているので、
          今日のコメント欄は 閉じさせていただきます。
          応援してくださっていた方々
          温かい応援メッセージ 本当に嬉しかったです
          





【送料無料】【レビューを書いて3%OFF♪】曲げわっぱ 弁当箱 小判型スリム 栗久 秋田



          
関連記事