雨の日は 読書と映画

梅雨末期でもないのに、
連日の大雨に 台風のような強風
雨のイメージが強い6月ですが、
本格的に降るのは 例年7月に入ってからです。
7月に入っても いつものように降るのかなぁ



雨で 家にいる訳だから 
日ごろ なおざりになっている掃除をすればいいのに、
天気が良くないと 家事を熟すのでさえ
活動的になれない私 ・・・ん?単なる言い訳?
6月生まれのせいか?
この時期は嫌いではないのだけれど
こうも連日雨が続くと やっぱりうんざりします。
こんな気持ちの時は 
好きな本と、撮りタメしている映画を観て 発散しましょう~





てなことで、最近読んだ本です




坂の途中の家 [ 角田光代 ]




2007年『八日目の蝉』、2012年『紙の月』、
そして2016年――著者の新たな代表作が誕生する!

最愛の娘を殺した母親は、私かもしれない――。
虐待事件の補充裁判員になった里沙子は、子どもを殺した母親をめぐる証言にふれるうち、いつしか彼女の境遇に自らを重ねていくのだった。

社会を震撼させた乳幼児虐待事件と〈家族〉であることの光と闇に迫る心理サスペンス。

感情移入度100パーセントの社会派エンターテインメント!
私は、果たして、文香を愛しているんだろうか。もちろん愛していると思っている。いなくなったらと考えただけで胸がふさがる思いがする。(略)それでも、文香を自分より大切なものと思えるだろうか。かわいい、かけがえのない子どもと思えるだろうか。(本文より)





私も娘を 「孤育て」しました。
近くに、頼る人もいなく、主人も今より全然忙しく、
「イクメン」なんて言葉もないような時代でした。
きっと、大学生以上のお子さんをお持ちの世帯なら 
あの頃はみな 同じような状態だったのではないかと思われます。
今の若いお母さん達の方が もっと生きづらいのかなぁ~?
とっても真面目なのかなぁ~?
正直、私はあまり共感できませんでした。


まず、夫婦なのに なんでこんなに遠慮しているのかなって?
これは、被告人夫婦と、主人公夫婦共にです。
もっともっと本音でぶつかっていけばいいのにって(笑)
何でも正面からぶつかっていかないと気が済まない私を、
主人は「勘弁してくれよ」「いい加減察してくれよ」って 思っているかもしれないけど
家族をやっていくのに、遠慮なんてしていられない
相手を思いやる配慮と、遠慮は違いますからね。


最初から最後まで 重たい空気と
やりきれない苦しさがつきまとう作品でした。
私にとって 100%共感できない作品です。
でも、共感は出来なくても、読む価値のある作品だと思いました。
確かに 今の社会が抱える問題が そこにあるからです。 
登場人物の心情に共感出来なかった分、
読み進めるのは辛かったですけどね








紙の月 [ 角田光代 ]



ただ好きで、ただ会いたいだけだった―――わかば銀行の支店から一億円が横領された。容疑者は、梅澤梨花四十一歳。二十五歳で結婚し専業主婦になったが、子どもには恵まれず、銀行でパート勤めを始めた。真面目な働きぶりで契約社員になった梨花。そんなある日、顧客の孫である大学生の光太に出会うのだった・・・・・・。あまりにもスリリングで、狂おしいまでに切実な、傑作長篇小説。各紙誌でも大絶賛された、第二十五回柴田錬三郎賞受賞作、待望の文庫化。




随分前に 読んだ本なのですが、
「坂の途中の家」の紹介文に書かれてあったのを見て 思い出しました(笑)
そういえば りえちゃんが主役で映画化もされましたね。


中年女性の人生を狂わせた 心の隙間。 
経済的に自立出来ていないために抱く 夫に対する気持ちから
些細な出来事をきっかけに、緩やかに ついには加速して転落していくこととなる。


どんな状況であれ、
人生を営んでいくために お金は大切です。
でも、皆がみな お金が全てだとは思っていないだろうから
主人公のように
転落する可能性が身近に潜んでいるとは思わないけど、
でも 誰もが持っているちょっとした出来心が 
自分のこころを狂わせてしまうこともあるのかもしれないと思ったら
やっぱり 身近に潜んでいるのかな・・・。
怖いですね。





そして、先日観てきた映画




この原作は 何年か前に 本屋大賞にノミネートされているんですね。
全然 知りませんでした


映画を観ながら、「生きる」って どういうことなんだろう
普段 特別考えないでいる「生」について 考える時間が持てたなって
健くんを観ながら じんわり思いました。


「今年一番泣ける映画」  
という触れ込みに惹かれて観に行ったものだから
期待したほど 泣けるものではありませんでしたが、
日本映画独特のゆっくりした時間が 流れている映画でした。


これをきっかけに 原作を読んでみようかと思ったのですが、
あまり評判がよろしくないようで・・・ どうしよう 










               参加しています   

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
           にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
   

          健くんつながりで
          たくさんストックがある撮りため映画の中から
          「るろうに剣心」シリーズを 観ました~





にほんブログ村 トラコミュ 映画の感想へ
映画の感想

にほんブログ村 トラコミュ 日本映画、邦画へ
日本映画、邦画

あなたは どんな映画が好きですか~?


関連記事
Category: 本のこと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する