人の感想って面白い

私は、本を読む前に人の感想を聞くと、
その感想に左右されてしまうから
本を読んだ後に、
他の人のレビューを読むようにしています。


自分と違う感想や 違う見方をした人がいると
同じ本を読んでも こんなに捉え方が違うんだなって
自分じゃ感じられなかった感想を知ると
一冊の本で 二倍楽しめたような気がします。


さて、話題作だったにも拘らず
かなり皆さんの評価が低くてビックリしたのが
コチラ

コーヒーが冷めないうちに [ 川口俊和 ]



お願いします、あの日に戻らせてくださいー。「ここに来れば、過去に戻れるって、ほんとうですか?」不思議なうわさのある喫茶店フニクリフニクラを訪れた4人の女性たちが紡ぐ、家族と、愛と、後悔の物語。
『恋人』結婚を考えていた彼氏と別れた女の話/『夫婦』記憶が消えていく男と看護師の話/『姉妹』家出した姉とよく食べる妹の話/『親子』この喫茶店で働く妊婦の話



文章が読みにくいという感想の人が多かったのですが、
私はそこまで読みづらいという印象ではありませんでした。
ただ、どこかで読んだような・・・という感じは否めません。
泣ける!本という謳い文句でしたが、
私にとっては泣けるようなところはなかったかなぁ。
でも、独特の空気感が漂ってる感じは嫌いではありません。
だから、次回作も読んでみたいと思っているのでした


この嘘がばれないうちに [ 川口俊和 ]



愛する人を思う気持ちが生み出した、 不器用で優しい4つの「嘘」。

「過去にいられるのは、コーヒーが冷めるまでの間だけ」

不思議な喫茶店フニクリフニクラにやってきた、4人の男たち。
どうしても過去に戻りたい彼らの口には出せない本当の願いとは……?

45万部を突破した『コーヒーが冷めないうちに』の6年後を描く、 期待の新刊がついに発売!



発売は確か・・・ もうすぐですよね!
楽しみ




海の見える理髪店 [ 荻原浩 ]



伝えられなかった言葉。忘れられない後悔。もしも「あの時」に戻ることができたら…。母と娘、夫と妻、父と息子。近くて遠く、永遠のようで儚い家族の日々を描く物語六編。誰の人生にも必ず訪れる、喪失の痛みとその先に灯る小さな光が胸に染みる家族小説集。
海の見える理髪店/いつか来た道/遠くから来た手紙/空は今日もスカイ/時のない時計/成人式



実は、この本ちょっと前に読み終えていまして・・・
6編からなる 短編集なのですが、
「海の見える理髪店」と「成人式」以外 題を見ても内容を思い出せないのです
面白かったとも、面白くなかったとも、
特別何も感じなかった そう、私には響いてこなかったのでしょう。
で、なんといってもよかったのは 表題にもなっている「海の見える理髪店」
どうして 初めてのお客のはずの青年に、
自分の身の上話をし始めるのか・・・ ちゃんと理由がありました。
心にじんとくる作品でした。

その逆で・・・ 「成人式」
ちょうど今年 娘が成人式を迎えたばかりだったので、
どんな内容だろうと興味を持って読んだんですが、
え・・・っ! ちょっとこれはないだろう・・・。
夫婦が前に進むキッカケとしては 無理がありすぎる!
私が同じ親の立場だったら、せめて写真を持って式に参加するくらいじゃないと
あまりにも 違和感ばかりで・・・
でもそのお陰で? 内容覚えていました(笑)
ただ、レビューを見るとコレ 意外と皆さんからは高評価!!
人の感想は様々 面白いですね!
気になった方は是非読んでみてください。 






               参加しています   

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
           にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
   
          今日は朝から冷たい雨になっています
          花粉症の私にとっては 恵の雨かな
          今週も 張り切っていきましょう
          





にほんブログ村テーマ オススメ本へ
オススメ本
にほんブログ村テーマ 本が好き。へ
本が好き。
関連記事
Category: 本のこと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する