風間塵と一之瀬海   

今日は中秋の名月


福岡では 雲の隙間から見れるという予報です。
すすきはないけれど お団子は作ろうかなって思っています。
やはり風情より食い気です(笑)





今日のタイトルを見て 察しがイイかたは分かると思いますが
直木賞と本屋大賞をW受賞した話題作 
を、私もようやく読んでみました。


蜜蜂と遠雷



俺はまだ、神に愛されているだろうか?
ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。
著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?



面白かったです。
面白かったですけど 


冒頭からいきなり 私の頭の中では『ピアノの森』が浮かんできて
話を読み進めるにつれ 「ピアノの森」と同化され
最後まで、同時進行していきました
なので、純粋に作品を楽しむことが 正直出来ませんでした。


本書の破天荒なキャラクターの風間塵は 
まさに「ピアノの森」の主人公 一之瀬海を彷彿とさせるし、
二つの作品があまりに近い所を描いているので、
もともと「ピアノの森」の愛読者だった私には
新鮮味にかけました


私は ピアノコンクールのドキュメンタリーを観るのも好きなので、
まさにドキュメンタリーをそのまま観ているような内容で、
ストーリー自体はとても楽しかったのですが・・・
やはりページをめくるたびに 
一ノ瀬海や雨宮修平 阿字野が顔を出しちゃうんですよねえ


でも、何も比べるものがない方にとっては
とても楽しく読める小説だと思います。
ちょっとコンクールにしては 登場人物が皆
いい人過ぎて 欲がなさすぎというか
もっと本音のところでドロドロした部分があるだろうと
思ったりもするのですが(笑)
なので(?) まだ読んでない方はぜひ(笑)


皆さんも経験があると思いますが
こういった作品を読んだら 出てくる曲を聴きたくなるもので(笑)
私も、YouTubeに上がっている動画を聴いていたのですが、
クラシックだと 音質が気になってしまい
持っているクラシックのCDを片っ端から探していたら
今はこんな便利なものがあるんですね
忘れていました・・・




蜜蜂と遠雷 ピアノ全集[完全盤] [ (V.A.) ]





忙しくて、久しくクラシックを聴いていなかったので、
ゆっくりと 聴きたくなりました。
本当は生が一番いいんですけどね








               参加しています    

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
           にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
   
            ところで、
            本書の真の主人公は
            一体誰だったのかしら?






【漫画】ピアノの森 <1~25巻> 一色まこと【あす楽対応】 【全巻セット】



こうなると読みたくなるのは 『ピアノの森』で
文庫も出ているようなので、
この際だから 大人買いしちゃおうかなぁ




にほんブログ村テーマ 芥川賞・直木賞・本屋大賞へ
芥川賞・直木賞・本屋大賞
にほんブログ村テーマ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック


関連記事
Category: 本のこと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する