うっとりため息『ビュールレ・コレクション』

現在 九州国立博物館で開催中の
「至上の印象派展ビュールレ・コレクション」へ
娘と行ってきました


土日は大変混雑していると聞いていたので、
平日に行こうと決めていて、
その日は お天気もあまりよくなかったので
今日は狙い目かも…って さぁ出発


2018 6 九博 1jpg
                   だったので、外観はちょっと


NHKの日曜美術館で紹介されているのを
いいなぁと、観ていたところ、
何と!東京の後に 福岡へ来るというではありませんか!
待ちに待った ビュールレコレクション


長いエスカレーターを上って 2Fの特別展へ。
よしよし 来場者は少なそう



2018 6 九博 ビュールレコレクション



と、思って中に入ったら 大勢の人、人、人・・・。
考えが 甘かった



ビュールレ 2 2 ビュールレ 1 1
                              画像お借りしています → 



今回の出品の一部です。
あまりにも豪華すぎる作家たちの競演で 本当に
ワクワク ドキドキ



2018 6 イレーヌ 2



今回 私の一番の目的は

 

イレーヌ 1



そう
絵画史上、最も有名な少女ともいわれる
ルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》



2018 6 九博 イレーヌ 1



いやぁ もう可愛いのなんの
うまく表現できませんが・・・
本物はもっと 肌のつややかさが違うというか・・・
質感がとても素晴らしくて もう、うっとり
その場でイレーヌを ずっと観ていたい気持ちを抑えて


今回、このイレーヌと、モネの睡蓮は
写真OKなので、みんなの回転もはやいのですが、
その分 自分も写真を撮ったら
さっさと移動しないといけないような気にさせられて
逆にゆっくり観れないというか


なので、ど真ん中で写真を撮らせてもらったら
脇に移動して 人の邪魔にならないようなところで
暫らく観ていました。。。 うん やっぱり可愛い


そして・・・
トリはモネの睡蓮



2018 6 モネ スイレン 1



《睡蓮の池、緑の反映》は、
これまでスイス国外には一度も出たことのなかった高さ2m×幅4.25mの大作です



2018 6 モネ スイレン



みんな絵全体を写そうと思って 
ちょっと離れたところでカメラを構えているので、
近くで筆のタッチを観たいと思っても
なかなか近寄れず 
人がちょっと少なくなったタイミングを見計らって
前に行って 観させてもらったけど・・・
もっと全体を観ていたい・・・
でも近くでもじっくり観ていたい・・・
あぁ、もどかしさがつのるばかりです。


絵画を所有する以外
好きな絵を好きなように観るなんて 
そんな贅沢な楽しみ方はできないのかもしれませんね



九博に来たので
隣接している太宰府天満宮にも参拝
最近、外国人観光客の姿が目立つようになりましたが、
この日は 修学旅行生たちで賑わっていました。


境内の中には 
恋愛の神様で有名な竈神社の分社がありますが、
ここに修学旅行生の女の子ではなく
男の子が多くいて 今どきの恋愛って?


2018 6 大宰府



もちろん、私たちも神だのみを忘れずにね



2018 6 大宰府 1



紫陽花ももう終わりがけ・・・。
もう少し早ければ 菖蒲の花が綺麗に咲いていたはずです(写真奥)


迷いに迷って買ってきた自分へのお土産
イレーヌのもっと大きなポスターを買おうか
いや、キャンパス? いや、額入り?
と、散々迷って 絵葉書2枚にしました。


どー考えても 我が家では飾れない



2018 6 ビュールレ お土産



あとは、一筆箋。
以前はお礼状とかで 絵葉書を使っていましたが、
今はSNSで済ませることも多く、
何かの時のために 一筆箋があれば十分になりました。


国立西洋美術館で買ってきたものが重宝したので、
今回も 








               参加しています       

        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
          


          実はもう一度行きたいと思っています
          2020年には、チューリヒ美術館に、
          全てのコレクションが移管されることが
          決まっているそうです。
          ビュールレ・コレクションの全貌を
          日本で見る機会は、おそらく本展が最後だろうと
          言われています。
          興味のある方は是非この機会をお見逃しなく。    

          九博は 今日も大賑わいかな?







にほんブログ村テーマ 美術館、博物館、ミュージアムへ
美術館、博物館、ミュージアム
にほんブログ村テーマ ブログで、ギャラリー(展示)へ
ブログで、ギャラリー(展示)

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する