ぽっかぽか・な・・・❤

家族三人 田舎でのんびり(?)暮らしています

Top Page › 本 映画 ドラマのこと › ドラマ観て毎回泣いてます 
2019-08-07 (Wed)  08:07

ドラマ観て毎回泣いてます 

4-6月クールの春ドラマは
自分でもまぁ驚くくらい 何本も楽しみに観ていたのに、
7-9月クールの夏ドラマは 
観るのがないわぁと 嘆いていたら・・・


ありました!ありました!
再放送ですが、いま、どっぷりはまっているドラマが コチラ


透明なゆりかご1
                              画像お借りしています → 

町の小さな産婦人科医院を舞台に、ひとりの感性豊かな少女の目線で、『命とは何か』を問い、
見つめてゆく物語。
原作は、初めての映像化となった沖田×華さん。累計380万部超、
20代から30代の女性を中心に圧倒的な共感を呼んでいる漫画作品(現在も連載中)。
物語は幸せな出産ばかりでなく、中絶や母体死亡といった産婦人科の『影』の部分にも向き合いながら、
時に明るく、時に切なく、主人公たちの命への『祈り』にも似た想いをつむいでゆく。
観ていてどこかほっこりする、でも心の底までズドンと来るような、そんなドラマをお届けします。




去年、予告を観て
あぁ、こんなドラマがあるんだと思った記憶はあるのですが、
当時は あまり興味が持てず 
全然観ていなかったのです。


それが、今回たまたま初回を観てしまったら
もう、感動して  感動して  感動して
そのまま3話続けて観てしまいました。


ただ、寝不足でも大丈夫な年齢ではないので
今は、録画予約をしています(笑)


青田アオイ役 …清原果耶ちゃんが
不器用でコミュニケーション下手なため、
「自分は人の気持ちがよく分からない」と思っているんですが、
   ・・・ 実はそれはアオイが抱える病気のせいだったんですが ・・・
その分?独特の感受性をもっていて
人の心に真っ直ぐ入っていくんですね。


嘘をつかず、誤魔化しもせず、
いつでも直球勝負みたいな・・・。


清原果耶ちゃんの優しいナレーションと、
Charaさんの主題歌『せつないもの』が同時に流れると、
ふたつの優しい響きが相まって
本当にもう・・・


「命には、望まれて生まれてくるものと人知れず消えていくものがある。
 輝く命と透明な命…
 わたしには、その重さはどちらも同じに思える」

これは、主人公の高校生・アオイの心の声です。


「命ってなんだろう」
改めて 考える機会を得たような気がします。














              参加しています  
     
        今日も最後まで読んで頂きありがとうございます♪
      あなたの温かい ひとぽちっ をお願いします 
             ポイントが入り励みになります。
             応援宜しくお願いします<(_ _)>

                

                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
                
                ひとぽちっ
                ↓お願いします↓
          





原作の漫画を読んでみたくなりました。
久々に大人買いしちゃおうかなぁ

【在庫あり/即出荷可】【新品】透明なゆりかご (1-7巻 最新刊) 全巻セット



透明なゆりかご DVD-BOX [ 清原果耶 ]




最近の私からしたら 
珍しく連日の投稿です
観てみたいと思われた方、
去年観たけど、再放送も観たいわっと思った方
今夜は、第8回「妊婦たちの不安」
     第9回「透明な子」       放送予定です。



関連記事

最終更新日 : 2019-08-21

Comment







管理者にだけ表示を許可